コンテントヘッダー

肝炎、さらにその後。



先日、病院に行って検査をして来ました。




相変わらず、小梅さんは待合室でドキドキ(^-^;




他の子に、ワンコラ言う余裕もないくらい、




診察室の方をガン見してるし…(^-^;








そうねぇ~>_<




チックンはイヤだけど、




やらないとわからないし、頑張ろうね!




と、なだめながら待つこと1時間以上。




後半は小梅も、疲れてきたのか諦めたのか、




大人しくしててくれました。




暫くして、やっと診察室に入るも、




当の小梅さんは、隙あらば逃げようと必死です(-.-;)




そして心配していた肝臓の数値は…




今回、全て正常値に戻っていました~\(^O^)/ヨカッタ~♪




念のため、もう少し肝臓のお薬を飲んで、




その後、もう一度エコー検査をすることになりました。




取りあえず、ホッと一安心(^-^)




心配してくださった皆様、ありがとうございました(*^^*)









コンテントヘッダー

肝炎、その後。



前回の記事ではたくさんの方々から、




お見舞いコメント、メール、LINEを頂きまして、




ありがとうございました<(_ _)>




たくさんのお友達から頂いた元気玉のおかげで、




肝臓の数値も、随分と正常値に近づいてきました。




血液検査の結果はこんな感じです↓





ちょっと判りづらくて申し訳ありません<(_ _)>




①は、4/7に受けたアニマルドックの時の数値で、全て正常範囲内です。




②は、4/28の血液検査の結果です。胆泥症のお薬(ウルソ)を飲み始めて3週間後です。




③は、5/5(ウルソを中止して1週間後)の血液検査の結果です。GOTは正常範囲内になりましたが、それ以外はまだ高かったです(;_;)でも、前回に比べれば随分と下がっているので、お薬もあと少しかな? 来週、もう一度検査です。








CRP(炎症反応)も前回よりも下がっていて一安心。






ただ数日前から、少し柔らかめのうんPがどっさり出ていて、




お薬の影響なのかな?




って思って先生に聞いたら、




「少し消化不良を起こしているみたいなので、整腸剤も出しておきましょう」




だって(^-^;




あらら…な感じだわ。






それにしても、去年のGWの時は、




足を怪我していて手術を控えていたので何処にも行かず、




今年は肝炎で、これまた何処にも行けず…。




来年は、何もなく元気でいてくれると良いなぁ~(^-^;




次の報告では、




「肝臓の数値、全て正常値になりました~!」




って言えると良いな♪



コンテントヘッダー

小梅、肝炎になる(;_;)



3週間前のアニマルドックで『胆泥症』が発覚し、




投薬治療の始まった小梅さん。




この3週間の間に、数回嘔吐をしたけれど(小梅は昔からすぐに吐く子だったので、気になりつつも様子見をしていた)、




食欲は相変わらず120%、




お散歩も意気揚々と歩き、




家が近づくと『 帰らない ! 』アピールは凄いし、




お部屋の中での部活動 (オモチャの持ってこい遊び)も、全力だった。




ただ...




何となく、何がどうなのかは説明出来ないが、




何かいつもと違う気がしていて、引っかかっていたの。




そんな時、今年初のフィラリアのお薬を飲ませたら、




その日の夜と夜中に嘔吐。




翌朝、今まで見た事がないくらい真っ黄色なオチッコをした。




それでも本犬はガツガツとご飯を食べ、




相棒のワンコちゃんに喧嘩を売って遊んでる(^-^;




でも...ガウガウしている様子が、




いつもよりもちょっと大人しめ??




って思って、何気なく歯茎を見たら、




これもまた、今まで見た事がないくらいまっ白で…(゚Д゚;)




こりゃぁ、元気はあるけど『様子見』のレベルじゃないな!




と思い、急いで病院へ。




オチッコの写真をみた先生は、




『黄疸が出ている可能性があるので、すぐに血液検査とエコー検査をしましょう。』




と言って、梅さんを連れて行った(>_<)




黄疸って…。肝臓?




肝臓に影響が出る前に、胆泥症を治すためのお薬じゃなかったの…?




少しして、血液検査の結果が出てビックリ(゚Д゚;)




3週間前の検査では全く問題なかった肝臓の数字が、




ほとんどが基準値オーバー(゚Д゚;)







しかも、かなりのオーバー(゚Д゚;)




これって、一体どういう状態なのか先生に聞くと、




中等度の肝炎を起こしているって…(ーー;)




胆泥症のお薬(ウルソ)を飲み始めてから急激に肝臓が悪くなった事、




エコーで見た状態を考えると、




今回の肝炎の原因は、おそらくウルソの副作用だろう…




と、いうことでした(>_<)




すぐにウルソを中止して、




肝臓のお薬・抗生剤・粘膜保護剤・胃薬を処方され、




一週間後に、また血液検査&エコーでチェックする事になった。




どうか、改善されますように…。






ちなみに、もともとの病気の胆泥症は、




3週間前に比べて随分と改善されていたよ。




でも、完治はしていないので、




肝臓が回復したら、またそちらもどうにかしないとね。






今はとにかく、肝臓が良くなってくれるのを祈るばかり(>_<)




そんな状態でも、ご飯をガッツリ食べてくれることに感謝(*^^*)




そうそう、病院から帰った日、




あまりにもお腹を空かせているので、




お薬をそのまま手のひらに乗せてみたら、




肝臓のお薬は、まんまポリポリ食べてた(゚Д゚;)




『小梅の食欲、恐るべし!』

コンテントヘッダー

エコー検査の結果に…(゚◇゚)ガーン



アニマルドッグに含まれているエコー検査。




腎臓(左右)、肝臓、膵臓などなど…




全ての臓器をチェックしてくれるんだけど、




小梅さん、胆嚢で引っかかってしまったの(T^T)




病名は、『胆泥症』




何らかの原因で胆汁が濃縮して変質し、




泥状になったもの(胆泥)が胆嚢に貯留した状態。




胆泥症が進むと、血液検査で肝臓の数字が悪くなるそうだけど、




小梅の場合はそこまで悪くなっていないようなので、




まずは、泥化した胆汁が流れやすくなるお薬を飲んで、




1ヶ月後に再度エコー検査をする事になったよ。




本犬は、元気で食欲も旺盛(*^▽^*)




なので、そんなに心配する事はないと思うけど、




1ヶ月後の検査で、状態が良くなっていますように(。-人-。)






小梅は病気もせずに元気いっぱい!




って思っていたけれど、やっぱり歳には勝てないのかなぁ…。




これからシニア犬に突入するし、




ますます体調管理にも気をつけてあげないとね(^_-)-☆




コンテントヘッダー

アニマルドッグの結果は?



意気揚々とお迎えに行き、




診察室で待つこと数分。




小梅さん、しっぽブンブンでやって来た~(*^_^*)







ちゃんと、ファイルに入れてくれるのね(^-^)




中を見ると…。







一通り、小梅の身体状況が書かれてるよ。




フムフム……




な、なぬっΣ(- -ノ)ノ




小梅さん、体脂肪40%ってどういうこと!( ̄□ ̄;)




思わず、先生の説明の前に食いついちゃったよ(ーー;)




この結果には、どうも先生も腑に落ちない様子。




「これだけ体脂肪が高かったら、普通は、




身体所見やレントゲンにも映るはずなんですよね。




でも小梅ちゃんの場合、触っても体に脂肪がたくさん付いている様子もないし、




内臓脂肪も多くはないんですよね…。(内臓脂肪が多すぎると、ある部分のレントゲンに映るそうなんだけど、小梅の場合それがナイ)




時々、機械が変な数字を出すときがあるので、




それですかねぇ~。




まぁ、心配は要りませんよ。」




だって…。( ・_・;)




うぅ~ん、なんかそれって…。




まぁ私が見ても、小梅は 『ちょっとぽっちゃり』程度だと思うし、




心配は要らないんだろうけど、




やっぱり今ひとつ、スッキリしないよね~(´・ω・`)






それから、気になっていた『歯』は、




奥歯にけっこう歯石が付いちゃってる~(´д`)




ただ、歯茎は赤くなっていないし、グラつきもないので、




今すぐのスケーリングが必要な程ではないと。




しばらくは様子を見て、トラブルがあるようだったら




1度スケーリングも考えましょう、とのこと。






血液検査や尿検査、検便では異常なしで、




ホッと一安心(*´▽`*)




ただ…




思いもよらず、エコー検査で引っかかってしまったぁ~(゚◇゚)ガーン




続く…。 なのだ (+。+)



プロフィール

kuumin

Author:kuumin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR