コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

伯母の着物

3年前の私の誕生日に、伯母(母の姉)が突然 亡った。




その伯母の唯一の楽しみが、毎月コツコツとお金を貯めて着物を買う事。




伯母が亡って、その着物をどうしようか…




となった時、




誰も着られる人がいなかったので 一部を貰い、




それをほどいて、袋に作り直してみたよ(*^^*)











そしてその袋を、母や他の伯母たちに渡したら、



「こんな形で 姉さんの遺品を持つ事が出来て、嬉しい(^^)」




って、とても喜んでくれた(*^^*) 良かった~♡







この亡った伯母は、本当に働きづめな人生だったな…



と、改めて思い返してみた。





伯母は、6人兄妹の次女だったが、



長女が、とてもおっとりした人だったので、




代わりに 幼い弟や妹の世話をし、




社会人になっても、お給料は全て家に入れ




自分の事は、二の次にする様な人だった。




そんな伯母も、いつしか素敵な男性と出会い結婚し、




2人の男の子にも恵まれ、平凡だけど幸せに暮らしていた。




そんなある冬の日、伯母の人生が180度変わってしまう出来事が起こった。




夫が、何の前触れもなく突然 亡った。




脳溢血だった。




当時、伯母はまだ30代後半。子供は中学1年と3年生。




言葉では言い表わせないくらい、大変な事も 不安な事もあっただろうに、




再婚もせずに必死に働いて、子供2人を立派に育て上げた。




そしていつしか長男が結婚し、




お嫁さんになった方も働いていたので、




孫娘2人は、伯母が育てたようなものだった。




その子達も成人し、やっとここ数年、母たち姉妹との旅行を楽しんでいた。




伯母はいつも明るく、笑っている人だった。




健康で、病気らしい病気もした事がなく、




よく動く人だったから細身で、足腰も丈夫な人だった。




周りの人間が、




「年も年だし、一度 健康診断ぐらいは受けた方が良いよ。」




と勧めると、




「私に何かあったら、すぐにお父さん(夫)が迎えにくるから、いいの!」




って言ってたな(^_^;)




まさかそれが本当になるとは…




3年前の12月に入ってすぐの頃、突然 脳梗塞で倒れた。




幸い、発見が早かったので後遺症も残る事なく、退院も決まっていた。




それがある日、病院内を歩いていて息苦しさを覚え検査したところ、




心蔵が少し悪くなっていた事が判明。




精密検査をする為に、少し入院が伸びる…




と聞いたその矢先、容態が急変し亡った。




家族も親戚も、悲しむ前に驚きの方が大きかった。




母も、亡る前に会えなかった事を今でも後悔している。






そんな伯母は今頃 、大好きなお父さんに会って、子供達や孫達の事を機関銃の如く、喋っているんだろうなぁ~(*´艸`*) 

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

で~きた!

たくさんの生地を使って作ったのは…




ジャ~ン\(^O^)/







ソファカバーでした~(^-^)




梅さん時々、おねしょしちゃう時があるから(*´艸`*) 




ソファカバーは、絶対必需品!




それにしてもこのソファ、3人掛けだから座面巾が175㎝もあるの!




今までは、布をバサッと掛けただけのカバーだったんだけど、




側面の、日が当たる所の色が変わってきちゃって、




気になってたのよね。




なので、それを隠す為にも、こんな形になってるの↓







後ろは、布は途中までで 裾はゴム固定








これでズレもなく、ピッタリ~\(^O^)/



そして、余った布でこれも↓







少し前に買った、梅さん用ソファのカバー




その時の記事はコチラ→




人間用&梅さん用を並べるとこんな感じ(*^^*)







このソファを買った時、周りの家具の色に合わせて




濃いグレー(本当はこげ茶が良かったんだけど)のソファにしたの。




その後、梅さんが我が家に来て、フローリングだった床にカーペットを敷いた。




その頃の梅さんは、たま~にトイレの失敗もあったので、




汚れの目立ちにくい濃い茶のカーペットを敷いた。




そしたら何だか、部屋の中が暗い気がして、




だからソファカバーはオフ白にしてみたの(*^▽^*)




でも…




一応 生地に凹凸はあるんだけど、物が大きいから「のっペり」して見える~(^_^;)




今度は、冬素材の凹凸のある布で、クッションカバーでも作るかな!




気が向いたら…だけどね~(^-^;)





それと、カバーとは全く関係ないんだけど…




この前、100均で可愛いタオルを見つけたので、




2枚縫い合わせて梅さんクッションのカバーにしようと思ったの。




で、そのタオルをテキトーに縫ってみたら、




なんと(*゚д゚*)!







柄がピッタリ合ってる~(縦だけ)!




ビックリ( ̄□ ̄)!

コンテントヘッダー

何ができるの?

10月某日、我が家に大量の生地が届いた。



小梅服&用品を作るなら、50㎝もあれば十分だから、



久々の4m (しかも巾が160㎝) は、すごく大量に思える(^^)





う~ん(^_^;)



嬉しいかどうかは分からないけど、



我が家に必要な物なのは確か!



でね、この生地はニットなので、



裁断に入る前に、一度水通しをしておかなきゃ…なんだけど



なんせ、160㎝×4mだから、干すのも大変(^_^;)



ちなみに水通しとは…



数時間~一晩、たっぷりの水に漬けておく事。



ニットに限らず生地は、出来あがるまでの過程で、



伸ばされたり歪んだりしている事があるので、



一度水に浸ける事によって、元に戻してあげる。



特にニットや麻は歪みがはげしい事が多い。



ただし、絹・レーヨン・ウールは水に浸けると激しく縮んでしまうので✖️



これらの素材は、スチームアイロンを少し浮かせてかけたり(生地によって、温度に注意!)、



放反(布を一晩広げておく)などで、



生地の歪みを戻してあげる。



…あら、何だか説明になっちゃってる(^-^;)



でね、この生地で、



久々の「ちょっと大物」を作ってみたよ~!



で、



次回へ続く…  ←また引っぱる気かぁ~\(`д´)ゝ

コンテントヘッダー

手放せない道具たち No2


今回は、パターンを引くときに手放せない道具たちをご紹介



まずは定規







方眼定規は幾つか持っているけれど、よく使うのはこの2つかな 他のも試してみたけど、やっぱりこれらが一番使い易いの。



三角定規の方眼。







5㎜の方眼はよくあるけれど、これは5㎝間隔に縦横1㎜の目盛りがあるので、線を引く時に凄く重宝するのよ。例えば縫い代1.3㎝付ける時とか1度で線が引けるの



下側の3.5㎝幅の30㎝定規。
これは線を引く時よりも、カッターで縫い代を切るときに使うの。
厚みがあるのし片側には金属が入っているので、カッターが定規に食い込まずにスッといける



そうそう、カッターを使う時の必需品、カッターマットも大事よね。







普段、よく使うのはA3のマットかな。小梅服くらいだったら、この大きさでも大丈夫



それから、こんなのもあるのよ~







これって、定規と言っていいのだろうか…



婦人服の袖ぐり・襟ぐりのカーブの線を引く時に使うんだけど、ワンコ服の裾や襟ぐりでも、定規を動かしながらカーブを見つけていくと引きやすい。私にとって、カーブを引く時は必需品



でも、どんなに道具が使い易くても、問題は私のパターンをひく技術なのよねぇ~



…ガンバロ…(^^;;
コンテントヘッダー

手放せない道具たち


ワンコ服を作るとき、私には手放せない道具が幾つかあるの



その中でも絶対に必要なのが、肩馬なのだ



その肩馬とはコレ







コレ、アイロンをかける時に使う道具で、本来はジャケットの袖山や肩・首周りなど細かいカーブのところや、袖山のいせ込みとかで使うんだけど、ワンコ服作りにも重宝するよ~



ワンコ服って、小さい上にパターンが立体的だから、平らなアイロン台だと非常に掛けにくいの



そんな時、この肩馬のカーブがいい具合に合うんだな







襟ぐりや袖ぐり・裾リブを縫った後のアイロン掛けをする時も、











こんな感じに肩馬にかけると、肩馬のカーブに馴染むので、アイロンが掛けやすいの



やっぱり、仕上げアイロンは大事よね



他にも手放せない道具があるので、それはまた今度~



プロフィール

kuumin

Author:kuumin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。