コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

お外サイコーヽ(^o^)丿



ここのところ病院のお話ばかりだったので、




今日は、




「少し前のお出かけ(?)」のお話。






以前、購入したモンベルのリュック(^-^)




その時の記事はコチラ→☆☆☆




お天気がとっても良かったので、




リュックに梅さんを入れて、




ちょっとしたお出かけをしてみたよ~(^-^)


(お出かけ…と言えるか かなり微妙~だけどね)






怪我をしてから、ずっとお散歩NGだった梅さん。




最近では痛みも引いてきたのか、




何かと暴れたがる(^^;)ので、




気分転換に、少しだけお外に行っても良いか先生に確認したところ、




先生「土や芝生の所なら、5分だけ良いですよ」




と、お許しが出たので、




近所の公園まで、




梅さんリュックinで行ってきたよ。




リュックの中では凄く大人しくしてて、ちょっと意外だったわ。








久しぶりのお外に、スンスンが止まらない(^-^;








この日はとても暑い日だったけど、




梅さんバテるの早くね?








しかもずっとトリミングしていないから、




モシャモシャ( ´艸`)




スンスンに満足すると、公園の外を気にし出す梅さん。








でも、残念ながら誰も来なかったね。








ムフフ…(*´艸`*) 良い笑顔♪




それにしても、




全く関係ないことなんだけどね…








胴長短足…だね(*´艸`*) 




埴輪みたい(≧∀≦)←色もバッチリ~⤴

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

小梅、大学病院へ行く ⑥




今日は、検査の結果が出たのでそのお話。






(以前のお話が長すぎて、リアルタイム更新が出来なくてスミマセン<(_ _)>)







☆ 4月26日(火曜日) am10:00 再診 ☆






まずは気になる検査結果。






免疫介在性の関節炎や悪性腫瘍の可能性は否定。






関節リウマチも陰性(-)






なので、手術は可能。






だったら、CRPのあの高い値は何だったんだ…?






先生のお話だと、






怪我をしてから時間が経っているにも関わらず、






膝周辺の炎症が思ったよりも治まっていない可能性が高い…と。






なので、まずは一番可能性の高い足を治し、






その後のCRPの値は経過観察していく。






とのお話があったけど、






って事は、悪く考えると…






まだ、体の中には他に炎症を起こしている所があるかもしれないし、






CRPがこれだけ高いということは…





考えたくはないが悪性腫瘍がある可能性もあるわけで…。←超ネガティブ?






そっちを先にハッキリさせてからのほうが良いのではないか…?






と、聞いてみたところ、






確かに、他の原因を完全に否定はできないが、






今までの検査で怪しいところは見当たらないので、






まずは一番可能性が高いものから潰していきたい。






それに検査などで小梅に与えるストレスもあるし、






何よりその間、今の生活(安静生活)を強いられることを考えると、良いとは思えない。







と言われ、まぁ納得。








そんな感じで、ちょっと心配は残るけど、←心配しすぎ?






小梅にこのままの生活をさせるわけにもいかないので、






手術は受けることに決めました。








右足に関してもさんざん悩み、






先生とも再度お話をし、疑問に思うところは納得出来た。





嫌な言い方だけど小梅の場合は、






そう間を置かず左の靭帯も切れる…






と、先生は思っているみたい。






捻れに関しても、






年を取ると骨も固まってしまうので、






少しでも若いうちが良いだろう…と。←既に5歳だけどね(^-^;






それに もし、今回手術を見送って、何年か後に必要になった時、






何かしらの理由で麻酔のリスクが上がっていたら、






手術そのものができなくなる可能性もあるし…。






なので、




小梅には辛い思いをさせてしまうけど、





両足の手術を決断しました。





手術は、連休明けの5月11日。





それまではゆっくり過ごしたいと思います。






☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆






長々と、私のまとまりのないブログを読んでくださり、






応援してくださる皆さんには、本当に感謝しています。






ありがとうございます。





そして 色々と、





ご心配をおかけしてしまってスミマセンでしたm(_ _)m




やっと決断し、まだスタートラインに立ったばかり。




頑張るのはこれからです。




今後も、皆様に見守って頂けたら心強いです(^-^)






最後に、トリミングに2ヶ月半行っていない、モフモフ梅さんから一言!



コンテントヘッダー

小梅、大学病院へ行く ⑤



今日は、




なぜ 突然、手術が見送りになったのか?




ってお話…。




それは…




血液検査で問題が出てしまったからなのです(T_T)




CRP(炎症反応)の数字が、高かったの。




正常値は0~1mg/dl以内なんだけど、




小梅の場合、これが10mg/dlだった。




10mg/dlという数字は、かなり重い炎症が体のどこかで起こっている…




と言うのだが、今の段階ではどこに炎症があるのか判らない。




膝の靭帯が切れているから、




そのせいかもしれないけれど、




ただ、怪我をして1ヶ月半以上過ぎているし、




その間 消炎鎮痛剤を飲んでいたことを考えると、それだけではないのでは…。




他の病気も疑える。




先生がまず疑ったのは、免疫介在性の疾患。




その中でも免疫介在性関節炎や膠原病があると、




暫くは手術が出来なくなってしまうらしい。




炎症物質の何かのせいで、術中に使う糸が切れてしまうんだって。




なので、その病気ではない事を確かめるために、




両手足の関節から関節液を採取。←検査のために手足4本の関節部分の毛を剃ってしまって、4カ所ハゲちょびん(*´艸`*) 




検査機関に出して、結果が出るまで一週間待つことになった。




結果的に、慌てて手術を決めなくてよくなった…




のは良かったが、別の心配事ができたぞ(^^;)




この1週間、結果がわかるまでドキドキだぁ~(>_<)




どうか、病気ではありませんように…(o_ _)o

コンテントヘッダー

小梅、大学病院へ行く ④



もう一つの問題は、何時するか?




病院で先生に、「明日、手術 出来るよ。」




って言われた時は、




「おいおい!いくら何でも急すぎるだろ!」




って思ったけど、




よく考えたらもうすぐGWなのよね( -_-)




ここは大学病院だから、土日・祝日はお休みなのだ。




もちろん、入院している子がいる時は、




休みの日でも、お世話をしに来るらしいが、




通常の時より人は少ないから、




何かあった時が心配。←心配しすぎ?




ちなみに入院は1週間~10日の予定なので、




20日に手術をすると、上手くいけばGW前に退院できる。




もし退院が少し延びてGW前半に差しかかったとしても、




術後1週間以上たっていれば、まぁ、あまり心配ないかな?




次の週の27日に手術となると、




術後は休みばかりが続くので、




それはそれで心配(>_<)←過保護?




となると、連休明けだが…。




すでに3月2日から殆どお散歩にも行けず、




ストレス溜まりまくりな梅さん。




安静状態で治るなら頑張るけど、




無駄に手術まで日を延ばすのも、可哀想なだけな気もするし…。




……………。




夫とも話し合い、考えた結果、




手術はここでお願いすると決めたので、




急ではあるが20日にお願いする事に決めた!






で、また話は戻るけど、右足…( ̄。 ̄;)。




この問題がくせ者。




正直、予防の為にメスを入れるのが小梅の為になるのか悩むけど、




麻酔や痛い思いは最少限にしてあげたい・・・。




という思いの方が強くなってきた時、




S先生から電話が・・・。




先生 「小梅ちゃんの手術ですが、明日は出来なくなりました。」




私 「はい?」




長くなったので、次回へ続く・・・なのだ。

コンテントヘッダー

小梅、大学病院へ行く ③




葛藤が続く~(^-^; なので、





「もう ! イライラするわ!💢」





って方は、スル-でお願いしますm(_ _)m





☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆





とにかく、落ち着いて考えろ!





選択肢は3つ。





① 左足のみ手術する(右足は絶対必要になるまではしない)。





② 左足が再手術になったら、その時にもう一度 右足をどうするか考える。





③ 今後のリスクを減らすため、両足一度に手術する。








①②を選んだ場合に問題なのは、





左足手術直後に右足靭帯断裂、さらに左足再手術…





と、なってしまう可能性もある。





最悪、短期間に何度も手術って事もあり得る訳でして・・・(>_<)





でも、「絶対に必要な手術」という状態じゃないのに





メスを入れるのはどうなんだろう・・・。





うぇ~ん! 悩む~。゚(ノД`)゚。





決められない~( ̄^ ̄)← 優柔不断?





なので、右足の事は一旦 棚に置いて、←えっ(゚д゚)?





もう一つの問題を考えよう!









それにしても、コレって・・・。





備忘録として書いているハズなのに、





すっかり、動揺している私の感情の捌け口になっているな・・・。





読んでくれている方、スミマセンm(_ _)m ←許してくれる?





私の葛藤、もう少し続きます。





次回は、もう一つの問題を考える!です。

コンテントヘッダー

小梅、大学病院へ行く ②



①の続きです。↓




小梅の手術、どうする?何時する?




頭の中、そればかりがグルグルしてて、落ち着かない~。゚(ノД`)゚。




まずは、冷静にならねばね…。




第一の問題、手術について。




レントゲンを見た段階で、




左足はこのまま、って訳にはいかない 




と、ひと目で分かるくらい、




膝から上と下の骨がズレ(捻れ)てしまっているのがわかる。




この骨の捻れは、成長段階で少しずつ変形していた(らしい)。




今までは、靭帯が引っ張っていたので捻れは強くなかったけど、




切れた事によって支えがなくなって捻れた。(と、私は先生の話を解釈した)




たとえ靭帯を切ったとしても、




条件次第では手術をしない場合もあるらしいが、




小梅の場合は、手術は逃れられないと判断。




術式も色々とあるが、




大型犬or小型犬・骨の強度などで出来る・出来ないがあるので、




そこの所は先生を信じてお願いするしかない。






問題は右足。




今現在、パテラグレード2なのでそれ自体はさほど問題ないけれど、




右も同じく骨が少し捻れている&膝が脱臼する度に靭帯に負担がかかっているのは確か。




それに、片方の靭帯を切った子は、




数年の内にもう片方も切れる事が多いらしい。




恐らくは痛めた足を庇って、もう片方に負担をかけてしまうからなのかなぁ・・・? 




それに小梅は今、5歳6ヶ月。




年を取ればとる程、骨格も固まってしまう。




手術をするなら早い方が良いんじゃないか・・・。




う~ん、右足、悩みどころ・・・(>_<)




もちろん、手術をしたら絶対に靭帯が切れない・この先 膝蓋骨脱臼にならない・・・




とは言えないけれど、




手術をしなければ軽い力でも靭帯断裂の可能性はある。




でも、切れないかも~(T_T)




あ"~、頭の中でリピートしてるぅ~。゚(ノД`)゚。ぐ~るぐる~~~っ! ←普段使わない頭を使って、ちょっと壊れてきたか?




長くなるので、更に続く・・・なのだ!

コンテントヘッダー

小梅、大学病院へ行く ①


九州にお住まいの方々は、未だに大変な不安や緊張の中、毎日を過ごされていることと思います。





どうか一日も早くこの地震が収束し、安心して眠れる日が来ますよう、心より願っております。





☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆





小梅が足を怪我してから1ヶ月半が過ぎ、





治りの遅さから、手術も考え始めた我が家。





最初に診て頂いた K動物病院だけでなく、





他の先生の見解もお聞きしたいと思い、





N大学病院に紹介状を書いて貰い、行ってきたよ。





※今日の記事は、文字ばかりの備忘録的なものなので、興味の無い方はスルーでお願いします。





☆4月19日(火曜日) am9:00 初診☆





診察室に入り、まずは問診。





K病院から持ってきた、今までのカルテやレントゲンを見ながら、これまでの経緯を説明。





その時の先生は研修医で、側に指導医らしき人がいたが、口出しはせず。





慣れない問診の様子を見てしまうと、正直ちょっと不安(´Д`) 





(大学病院だから、研修医が診察するのはある程度仕方の無い事だと分かってるんだけどね…。なにせ、こっちも初めての病院で不安だったもので…(^^;))





一通り話をした後、触診と改めて血液検査とレントゲン撮影をする為、少しの間 小梅とお別れ。





何となく問診の様子だと、小梅の様子はあまり重大な感じではなさそうに見えたし、





もしかして、手術もしなくても大丈夫かも?





な~んて、ちょっと淡い期待をしつつ、





小一時間程待ち、呼ばれたので診察室に入った。





そうしたら、





「あれ?もうひとり先生が増えてる…。」





自己紹介してくれたS先生は、





私より少し若く見えたけど、とてもハキハキしていて、頼りになる姉御って感じの先生で、





その先生が小梅の主治医になるそうで、ホッと一安心 ←研修医の先生、ごめんなさい(^^;)





と、安心したものつかの間、





先生「左足ですが、前十字靭帯が断裂してますね。」





私    「はい?Σ( ̄□ ̄;)…」





先生 「更に、骨が捻れているのでそれを直しつつ、膝蓋骨脱臼の処置も必要です。」





私   「………。」





先生「まずは断裂した靭帯の修復を優先します。勿論、脱臼の処置もしますが、もしかしたら数ヶ月後に再手術になるかもしれません。」





えっ?靭帯切れてる?





骨が捻れてる?





手術が一度で終わらない?かも?





ってか、手術決定。ってか必須だわ(/_;)





単純な膝蓋骨脱臼ではなかったようだ…。゚(゚´Д`゚)゚。





もしかしたら手術しなくても…





なんて期待があっただけに、ワタスかなり動揺しまくり(lll-ω-)





更に追い打ちをかけるように、





先生「右足ですが、今はパテラグレード2なのでパテラ自体は問題ありませんが、やはり同じく骨の捻れもありますし、靭帯は切れ易いです。なので、同時に手術しますか?」





って…。





ええっ~!!((((;゚Д゚))))





もう、私のキャパいっぱい(lll-ω-)




そんな私にサラッとひと言





先生「ちなみに、明日手術も出来ますよ」





って…(--;)





確かに、大学病院だからこの程度の手術は慣れているようだったが、





私の気持ちが付いていかない(lll-ω-)





ひとまず、少し考える時間が欲しかったので、





一旦 帰ることに…。





さて小梅の手術、どうする?いつする?





長いので次回へ続くのだ…

コンテントヘッダー

少し前…いや、だいぶ前のお買い物のお話(^^;)



基本、抱っこ命の梅さん。




お散歩は大好きだから、歩くのは問題ないんだけど、




人が多かったり、お店の中に入る時などは、




「スリングに入ってオクレ~(^∧^)」




と、子供の頃から慣らす努力はしたのだが(今まで幾つ試した事か(^^;))、




どうも、足元が不安定なのと外が見えないのが嫌らしく、




スリングの中ではお座り&伏せは全力で阻止 ←ようは立ったまま(^^;)




で、すぐに「出る~」と暴れだす( ・_・;)




なので、コレならばどうだ!




と、昨年 買ったイカツイ奴↓








モンベルのリュック。




コレ、上と横がメッシュ(左横側は半分メッシュで下はポケットになっている)になっていて、更にファスナーで全開。(左横側は開かない)。




底には、しっかりウレタンが入っているので、安定感抜群&当たりが柔らかい。




正面にはファスナー付きの大きなポケット、その奥もポケットになっていて、ここは紐で開き具合が調節できるの。








マチも付いてるから、たっぷり物が入るよ(^-^)




中にはちゃんと、飛び出し防止の金具も付いている。








で、3.7㎏の梅さんが入るとこんな感じ↓








横になると、みっちり(*´艸`*) 








ちなみにこのリュック、普通に背負っても良いし、前抱きでもOK。








それに、取り外し可能な紐も付いていて、肩から斜め掛けも出来るのよ。








と、まぁ、珍しく梅さんの評価も悪くない。




ので、コレに入って、ちょっぴりお出かけ~(^^)




…は、次回に続く(#^_^#)

コンテントヘッダー

その後の梅さん



小梅が怪我をして、5週間。




やはり治りはあまり良くなく、




手術を視野に入れて考えなければならないかな…




と、思い始めた今日この頃。




なので、手術について先生の意見も詳しく聞きたいし、




それ以外にも、小梅にちょっと気になる症状もあったので、




また、病院に行ってきた。






ちょっと気になる症状とは、突然の震え。




たぶん、2月のワクチン後に出たのが初めてだと思う。




その時の記事はコチラ→☆☆☆




実はこれ以降、2.3回 震えることがあって、




でも、直ぐにおさまるし、その後の体調はすこぶる元気だったので、




あまり気にしていなかった。




だけど病院へ行く日の朝、ほんの少し目を離した時、(怪我をしてからは、側にいられないときはゲージに入れていたけど、この時はちょっとだったので入れてなかった)




自分からゲージの中に入って、震えていた。




もしかして、どこか具合が悪いのかしら?




だとしたら、手術(麻酔)なんて怖くて出来ない…




そう思い、この件でも診て貰った。




その結果、震えの原因として、




①熱がある




②何かしらのストレス(痛みや大きな音など)




③内科的な病気




が考えられる。




熱は平熱だったし、血液検査もして貰ったが、問題なし。




ハッキリとした原因は分からないが、恐らくストレスだろうと。(最初の震えは注射の痛み?それ以降は怪我した後なので足の痛みかな…)




震えも、日に何度も起こるようだと、何か病気が隠れている可能性も高いけど、




今の小梅のように、時々起こってすぐに快復し、その後問題なければ あまり心配は要らないらしい。




とりあえずは、一安心。




でもって、手術の件でも質問攻め(^^;)




聞きたいことを忘れないように、メモまで取ってガンガン聞きまくる飼い主に対して、←ちょっと引く?(^^;)




先生はとても親身になって下さって、




手術のメリット、デメリットは勿論、考えている手術の方法など、




とても丁寧に答えて下さり、聞きに行ってよかった~(^-^)




先生は人柄もとても良いし、動物に対する愛情も溢れていて、




スタッフの皆さんも優しいし、何より小梅が慣れている場所だから、




手術をするならここにしようか?




とも思ったけど、




パテラは先生によって見解も違ってくる、と聞くので、




やはりセカンドオピニオンも受けてから、




その後の事は考えよう!






最近、出番が少ない梅さん、




トリミングにも行けず、かなりのモサコちゃん。







アンヨは痛くても、食欲旺盛・元気いっぱい(^-^)







早くアンヨがなおって、また走りたいね~(^-^*)

プロフィール

kuumin

Author:kuumin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。