コンテントヘッダー

梅さん、お腹が痛いです(´;ω;`)   No.2


※ 今日の記事は文字が多いです。


分かりにくかったらごめんなさいm(_ _)m





病院に着くと顔が強ばる小梅さん。









診察室に入ると、いつものように逃げようと必死。





そんな小梅の姿を見て、院長先生も苦笑い(⌒-⌒; )






朝からの経緯を話すと、




先生も軽い大腸炎の可能性が高いと思ったみたい。




ただ、担泥症の事もあるし、念のため検査してみましょう




って事になった。




ここでちょっと補足。。


通常、肝臓から分泌された胆汁(消化液)は胆嚢に一時貯蔵される。担泥症とは、この胆汁が何らかの理由で泥状.砂状になってしまい排泄されず胆嚢に溜まってしまう病気。この病気は比較的多い疾患で、通常はお薬で担泥の排出を促したり食生活を改善することで上手く付き合っていく子が多いんだけど、小梅はお薬が使えないので色々と心配なのだ(・_・、)


ではなぜ、担泥症がある事と大腸炎が関係してるのか。。。胆嚢から排出された胆汁は胆管を通って腸へ流れていく。担泥があって胆汁の流れが悪くなると、胆管やそこに近い腸に炎症が起こることがある。





なのでまずは、いつものように血液検査とエコー。




エコー検査では、胆泥の様子は変わっていなかったので一安心。




が、ここで一つ問題あり。




前回の血液検査でも上がっていたALPの数字が、




今回も更に上がっている。。。




CRPも3.3だし(/ _ ; )




ALP基準値は47~254で、小梅の場合756。




先生曰く、




「悪くなると、すぐに1000とか2000に跳ね上がるものだから、今の数字ならばそんなに心配な事はない。それよりもここ半年の間に徐々に増えている事の方が気になる」




と。




ちなみにALPのみ上昇する疾患としては、




やはり胆嚢疾患やクッシング症候群が疑われるようだ。




クッシングに関しては、




春にホルモン検査をして一応問題なかったが、




ホルモン系の病気は結構グレーゾーンも広いので、




初期の場合は一度の検査でわからない事もあるんだよね。。。




なので念のため、副腎のエコー検査もお願いした。




その結果、腫れも無いので大丈夫だろうと。







そうなると、やっぱり問題は胆嚢系?




今回の体調不良、ALPが基準値を超えてるけど、




即、「胆管の炎症」と言えるほどは高くはないし。。。




やっぱりただの大腸炎なのかな??




先生もちょっと決めかねている様子。




どちらにしても炎症があるのは間違いないので、




抗生剤と整腸剤を1週間分貰い、




お薬が無くなったら再診となった。







まぁ、今回の体調不良に関しては心配することはなさそうだけど、




ずっと様子を見てきた担泥症は色々と考えないといけない時期に来たのかも。




担泥そのものは中等度で、今すぐ手術が必要ではないけれど、




お薬が使えない&血液検査の数字が徐々に悪くなってきている&大腸炎などの消化器系の症状が出ている。。。




など、ちょっとずつ気になる事も出てきてるのよね(-_-#)




先生も今まで沢山の担泥症の子を診てきたけど、




薬を使えない子は小梅だけみたいだし。。。




小梅の担泥症が発覚して1年ちょっと。




最近になってじわりじわりと問題も出てきているし、




手術を「する」「しない」は別にして、




一度、大学病院で詳しく診てもらった方が良いかなぁ。。。




って思い始めてる今日この頃。




大学病院だったら扱ってる薬の種類も豊富だろうし、




もしかしたら小梅に使える物もあるかもしれないしね(^-^)







でも、でも、でも。。。




あ“ぁっっっ~!!




なんだか、先生といろんな話をしたのもあって、




ちょっと頭の中が混乱気味だぁーーーー!(-᷅_-᷄๑)




コンテントヘッダー

梅さん、お腹が痛いです(´;ω;`)



5月27日の日曜日、




いつものように朝ごはんを食べた後うんPをすると、




下痢はしていないけど少し粘膜っぽい物が。。。




小梅の様子を見ると、少し震えてる??




声を掛けながらゆっくりと撫でていると、




少し落ち着いてきたのか隣で寝はじめた。




いつもなら、




「散歩の連れて行け!」と、ストーカー状態なのに、




今日は全く反応なし。




よく見ると時々震えてる。。。




病院に連れて行った方がいいかな?




とも思ったけど、もう少し様子を見ることにした。




お昼近くになると少し元気も出てきて、




お腹も空いたのかご飯を要求してきた。




不安に思いつつ少しだけあげてみると、




喜んで完食!(*゚∀゚*)




が、直後にまたうんPが始まり、




やっぱり粘膜っぽいのが出ている(-᷅_-᷄๑)




下痢はしていないけど粘膜らしき物が出てるから、




おそらく軽い大腸炎だとは思う。




ただ小梅の場合、




担泥症の関係で胆管や腸の炎症が起こり易い




という事もあるので、




念のため午後イチで病院に行ってきた。




長くなりそうなので続きまーす。






ちなみに。。。




小梅は大した事なく、




元気なのでご心配なく^ - ^



コンテントヘッダー

問題なしで、ホッとした~(*´꒳`*)


前回の記事で、別の病気の検査をした。



と書いたけど、



疑いのあった病気はクッシング症候群という病気。



クッシング症候群とは、



副腎から分泌されるステロイドホルモンが



過剰に分泌される事により 様々な症状を起こす病気。



初期症状としては、多飲多尿、食欲増進、体重減少、怠さなど。




小梅の場合、



一昨年の夏頃からオネショをする事が多くなった。



昨年の夏はかなり酷くて、



1日に何度も洗濯機を回してたっけ。


(オムツやパットは蒸れて皮膚がかぶれやすいので、私がうちにいる時はなるべくしていなかった)



夏が過ぎ秋になるとオネショも次第に治まってきて、



ホッとしたのも束の間、



床暖房を入れるようになるとまた復活。



病院に行った時に相談すると、



「取り敢えず、1日にどれくらいお水を飲んでいるか計ってください」



と言われ1ヶ月計って見ると。。。



1日、約250~330ml。



多い時は400mlくらい飲んでる時もあった!(◎_◎;)



小梅くらいの大きさの子の場合は、



1日200mlくらいが正常との事なので、



小梅の場合はちょっと多めかな。。。



その為に多尿になり、寝ている時に漏れてしまうのだろうと。



それに食欲増進。



ただこれに関しては、



小梅は以前から食に対してかなり貪欲だったので、



病的か否かは微妙 (-_-)う~ん。。。



それと体重減少。



これも昨年夏にフードを変えたのでそのせい?


(昨年夏 3.8~3.9kg→現在 3.5kg)



小梅自身は元気いっぱいで怠そうにしている様子もないし、



お散歩も喜んで行く。ウンPも問題ないし。。。



症状を見る限りでは微妙なラインだけど、



クッシング症候群だと胆泥も溜まりやすく、



胆泥症の原因がクッシング症候群の可能性もある。



と言われて、



それならば、一度ちゃんと検査をお願いしてみる事にした。




検査は小梅を病院に預けて最初に採血をし、



その後ホルモン注射。



数時間経ってからもう一度採血。



血液は外部検査に出すため、結果は1週間後。




この1週間は不安だったけど、



無事、問題はないとの結果が出たので、



ホッと一安心 (о´∀`о)



小梅さんもシニアに突入して、



この先も色々あるかもしれないけど、



今回は難しい病気ではなくて、ホント良かったよ。



小梅、いつまでも元気で私達の側にいてね(*´꒳`*)




コンテントヘッダー

病院に行ってきた。



先日、担泥症のその後の経過を見る為、




病院へ行ってきたよ。




前回は、他の先生に診てもらったけど




やっぱり中等度の担泥症に間違いないと。




いくつか薬を試したものの、




かえって肝臓などの炎症を引き起こしてしまうので、




やっぱり小梅のような子の場合は、




最終的には手術も視野に入れた方が良いみたい。




と言っても、今は症状もなく元気だし、




出来ることなら、「どうしても必要な手術」でないならしたくない。




症状が出ないまま生涯を終える子もいるらしいしね。




でも万が一、泥が溜まりすぎて胆嚢が破裂してしまうと、




これもまた命の危険もある。




本来は薬でコントロールしながら経過観察をしていく、




という事が多いみたいだけど、




小梅の場合、薬がNGなので何とも不安(´;Д;`)




先生も、チラホラと手術をチラつかせてくるものの、




まだ、急ぐ必要はないかなぁ…って思っているみたいだし…。




そんな状態なので、今出来ることは食事の管理と定期的な検査なのだ(^_^)b






小梅としては、月一の病院は相当イヤみたいで、




着くなりこんな顔(^^;;







ずっとハァハァしてて顔はメッチャ必死 (^-^;




人のこと見て、文句タラタラ。




ひたすら落ち着きのない子だったわ(^-^;




診察を待ってる間もこんな感じ↓







完全にビビってるし( ̄∇ ̄)




いつもは威勢が良く「ワンコラワンコラ」と喧嘩を売りまくるくせに、




病院にいるとメッチャ大人しい(*´艸`*) 




でもって、順番が来て診察台に乗せると、




隙あらば脱走しようと、これまた必死(lll-ω-)




でも逃げ切れず、採血とエコーの検査のため先生に抱っこされると、




魂が抜けたみたいに大人しくなってる( ´艸`)




可哀想だけど、つい笑っちゃうくらい分かりやすい小梅さん。




一通りの検査が終わるとこんなお顔に↓







プププッ(*´艸`*)  




ホッとしたのか、間の抜けたお顔になってる(*´∀`)




心配していた検査の結果は、




泥の量も変わっていないみたいだし、




炎症等も問題なしでホッと一安心♪




ちなみに、帰りの車の中では…




チックンを頑張ったご褒美に買ってあげたオモチャを、




「これでもか!」といじめ抜いておりました。






あまりの激しさに、数分後には穴が空いてしまったので没収~(^-^;





コンテントヘッダー

狂犬病の注射を打ちに、病院へGo!



昨年は足の手術があったので、




狂犬病の注射は7月末に打っていた小梅さん。




今年は6月中に打ちたいなぁ...


(市役所からの通知に書いてあったので)




と思っていたけれど、




4月初旬に判明した胆泥症の治療→肝炎など、




予期せぬ体調不良が続いていたのでなかなか打てず、




やっと先日、行ってきました。




病院に着くなりこんな顔(^-^;







プププ (*^m^*)




診察前はいつもドキドキでビビリまくりの小梅さん。




最近は病院でチックンが多いから、




わかってるんだよね。




ビビリつつも、待ち時間が長くなってきたら、




こんな事言いだしたよ(^-^;







そんな、小賢しい願いは叶うはずもなく、




その後、無事チックンをされてきました。




ビビリまくっている割には、




チックンされている間は声を上げる事もなく、




『あれ?もう終わったの?』




って感じの小梅なのでした~。






その後30分程下のショップをウロウロし、




問題なさそうなのでお家に帰りました。




無事に終わってホッ(*´ω`*)



プロフィール

kuumin

Author:kuumin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR